撮影機材 ニコン・
●シグマ・SIGMA 21-35mmf3.5-4.5
シグマ・SIGMA 21-35mmf3.5-4.5

僕の原点になったレンズ。当時21-35mmという超広角のズームレンズは画期的なスペックで、僕はこの画期的なスペックにころっとだまされてしまった。
レンズの性能は、驚くほど悪い。でも、当時はこんなものなのか?と思いながらも有り難がって撮っていた。これで、写した白黒の大風景のプリントは4切にさえ耐えなかった。それゆえ、白黒風景は4×5判以上でなければならない!と結論を付けて、研究者になりたくて写真の世界を断念した頃のことである。
そして、この時出した結論は今でも僕に影響がある。
ハッセルブラッドは6×6判だが、大きさ的にあまり変わらないフィルムからいとも簡単に見事なプリントが得られたりすると、信じられなくなるのである。
これは、ニコン時代、マミヤM645時代を通して言えることで、何度かこれらのレンズで白黒も…と思ってチャレンジしてきた時がある。しかし、いずれの時も白黒はあまり良い結果を得られなかった。
それがハッセルブラッドやライカを使うようになって、昔とは比べものにならないくらい気に入ったプリントが簡単えられるようになった。
 ああ、もっと昔にハッセルブラッドやライカが試せていたらなあ〜としばしば愚痴のように独り言をもらしてしまう。